AGA治療でどうやって薬を頭皮に投与するの?

直接薬を頭皮に投与する治療

AGAとは、男性型脱毛症と呼ばれる進行性の脱毛症になります。放っておくと症状はどんどん進行していき、薄毛が悪化していきます。
そんなAGAを治療する方法は様々なものがありますが、中でも近年注目されているのが薬を直接頭皮に投与して発毛や育毛を促すという方法になります。薬は発毛に効果的なタンパク質や成長因子、アミノ酸などが配合されていてクリニックごとに配合される成分は異なります。
毛根などに有効成分を効率よく届けることができ、発毛を促すことができるとされています。男性の薄毛だけではなく、女性の薄毛にも効果的な毛髪再生治療であり根本的な治療になるとして注目されています。
注入方法は様々なものがあり、自分にあった方法で薬を投与することが可能となっています。

投与方法の違いと特徴

薬の投与方法はいくつかあり、患者の薄毛や脱毛の状態によって的確な投与方法で治療が行われます。 注射を使った方法は二種類でパピュール法は、表皮と真皮の間に薬剤を注入して有効成分を直接摂取できるという方法になります。頭皮の表皮部分に細かく注入していくのがナパージュ法で、皮下組織にまで有効成分を浸透させることが可能です。 広範囲の薄毛にはダーマローラー法が利用されます。極細の針のついたローラーを使って薬を頭皮全体に浸透させることのできる投与方法です。 このような外側からの薬剤投与だけではなく、内服薬と併用することでより効果的にAGAを改善できます。 効果的な成分を直接投与したからといってすぐに改善するわけではなく、継続して治療することで効果を発揮します。