AGA治療はいつまで飲むといいの?

進行性のAGAは早期の対策が必要

AGAは進行性の脱毛症のため、いかに早い段階から進行を抑えるかが重要な治療法となります。一日で頭髪がすべて抜け落ちることはなく、少しずつ抜け毛が増えたり髪が細くなったりするのが特徴です。AGAは他の脱毛症よりも改善するのが難しく、サプリやシャンプーでは対処できないことが多いです。最も効果的な方法は飲み薬と発毛剤を併用する方法になります。発毛剤はドラッグストアや薬局で購入できますが、飲み薬はクリニックでしか入手できません。飲み薬でAGA対策をする場合、即効性は期待できないことを認識しておきましょう。5αリダクターゼという脱毛酵素を阻害していく必要があり、そのためには継続的な服用が必須です。飲み薬を飲んでもまったく実感できない人は、短期間しか服用していないケースが多いです。

どの程度の期間にわたって服用するべき?

AGA治療の飲み薬は最低でも6ヶ月以上の服用が推奨されています。AGAは進行性のため何も対策をしないと少しずつ進行していきますから、飲み薬は飲み続けることが好ましいです。AGAは体質的な問題により発生する症状で、AGA体質は変えることができません。5αリダクターゼが分泌されやすい男性は、常に飲み薬を服用して分泌を阻害する必要があるわけです。飲み薬は6ヶ月の服用によって抜け毛の減少、頭髪の成長などが期待できます。さらに長期的に飲み続けることにより、本来のボリュームに戻っていきます。顕著な効果を実感するには数年を要することがあるので、気長に飲み続けるのがコツです。ボリュームが復活しても継続的に服用するのが好ましく、これは服用をやめることで元の状態に戻っていくためです。