頭皮に行うAGA治療の通院間隔や通院期間は?

頭皮に薬を直接投与するAGAの治療法とは?

AGAの治療法には様々な種類がありますが、頭皮に薬を投与する方法というものがあります。これは、頭皮に存在する毛髪幹細胞という部分に、発毛因子などの薬を直接投与することによってAGAを治療する方法です。この毛髪幹細胞という部分は、発毛において非常に有効とされている部分です。AGAによる薄毛の場合でも、この部分が死滅しているわけではありません。なので、薬を投与しこの細胞を活性化させることにより、AGAを治療できる可能性があります。

この方法は、細い針を使い、頭皮に穴を開けて薬を投与するという治療法が主流ですが、最近では針を刺さずに薬を投与できる方法も開発されました。これにより、治療の際の痛みが大幅に緩和され、精神的にも負担の少ない治療法になっています。

治療にはどれくらいの期間がかかるの?

では、この治療法はどのくらいの間隔で通院し、治療はいつ終了するのでしょうか。まず、通院間隔ですが、AGAの症状の改善度合いによって異なってきます。発毛効果が認められるまでは、1か月に1度のペースで通院して治療を受け、それ以降は2か月に1度の通院ペースになるという所が多いです。平均的に、発毛効果が認められるのは3か月前後とされており、その期間は比較的早いペースで通院する必要があります。

次に、治療が終了する目安の期間ですが、早く終了する人でも約8か月、平均的には約1年ほどかかります。これらを総合すると、約1年間の治療期間の間に、7回程度の通院をするという事が一般的なようです。ただ、体質や通うクリニックによりこの期間は変化しますので、あくまで参考程度に考えておいてください。